初心者でも安心のハウスクリーニングを開業

初心者でも安心のハウスクリーニングを開業

清掃道具

ハウスクリーニングを開業するのに必要となる資金

ハウスクリーニングの開業をする際に必要な資金は、フランチャイズ加盟と個人開業で大きく異なります。フランチャイズに加盟する場合は、店舗や車などの設備資金は自己負担でないことが多いです。掃除器具や洗剤などの消耗品と、企業ならではのやり方を学ぶ研修費などで、300万円が平均と言われています。個人で開業する場合には、設備やテナントだけでなく宣伝費まで負担しなければならないため、500万円程度の資金が必要です。

掃除

資金を調達する方法

開業するためには、初期設備や宣伝費だけでなく、その後事業を運営する上で使用する資金も用意しておく必要があります。そのため、総費用を計算すると既に持っている資金では足りないケースも多いです。個人で開業をするならば、利息を払う必要がある消費者金融やローンを利用するよりも、自治体や地域制度を活用して補助金を受け取るのがおすすめです。フランチャイズ加盟の場合は、企業の知名度が大きいため銀行融資も可能なので、よく比較して選びましょう。

ハウスクリーニングの開業が人気となっている理由ランキング

清掃道具
no.1

初期費用を削減しやすい

開業をする時には多くの費用がかかりますが、ハウスクリーニング事業ならば初期費用の削減がしやすいです。掃除器具を置く倉庫は自宅で代用したり、車も軽トラックを所有していれば購入せずに済むなど、既に所有しているもので足りる場合が多くあります。

no.2

特別な資格が必要ない

ハウスクリーニング事業を行う上で、特別な資格は必要ありません。役所の許可などを取る必要もないので、初めての開業でもスムーズに進めやすいといえます。フランチャイズに加盟すれば企業から専門の研修も受けられるため、分からないことが多くても安心です。

no.3

常に一定の需要がある

生活をしていると、自分では出来ない掃除も多く出て来ます。そのため、年末などの徹底した掃除が必要になる時期だけでなく、1年を通して一定の仕事量が望めます。また、需要が大きく減らないので安定した運営が可能です。

no.4

従業員が集まりやすい

ハウスクリーニングは、普段から掃除に触れている主婦や、定年後のシニア層など様々な年代の人に選ばれやすい仕事です。また、資格が不要なこともあり、未経験でも挑戦しやすく、人手不足になりにくい傾向があります。潤沢な従業員数が保てることは、スムーズに経営を行う上で重要なポイントです。

no.5

月々の必要経費が少ない

飲食などの事業と違い、毎月必ず必要になる経費が少ないこともハウスクリーニング事業の特徴です。作業現場まで器具を運ぶ車のガソリン費や、洗剤などの消耗品のみに抑えることも可能なため、黒字の経営を続けやすく安定した収入が見込めます。

広告募集中