大切にしてきた場所を会社売却をするならコチラ

男女

カードが利用できるまで

クレジットカード

大切な信用情報

現金を用意しなくとも支払いが行えるのがクレジットカード決済です。クレジットカードの発行を申し込むと、個人の資産、収入の状況に応じて審査が行われ、問題がないと判断されれば利用限度額が決められます。一般的なクレジットカードの限度額は数万円から数十万円です。しかし富裕層向けに高額な利用に対応したカード、逆に学生向けに限度額を低く抑えたカードもあります。どのような種類のクレジットカードであれ、基本的な決済の流れは変わりません。クレジットカード決済において必要になる情報、つまりカード番号、名義人、有効期限といった情報は、決済端末で読み取られた後にオーソリセンターに照会されます。そこで登録されている信用情報と照合され、利用承認が下りるとクレジットカード決済が可能になるのです。限度額を超えた利用にならないか、過去に支払を滞納していないかという点がカードの使用可否を判定するポイントになります。また、少額の買物利用に使用されていたカードであるにもかかわらず、急に高額商品を連続して買い出している場合などは、不正利用の可能性があるとして一時的に承認が下りないこともあります。クレジットカード決済で商品を販売した店舗は、代金をカード会社に請求します。カード会社の締め日までに請求された商品代金が、後日指定口座にまとめて入金される仕組みです。入金前にはカード会社から振込金額の明細書が送られてきます。実際の売上と相違がないか確認するようにしましょう。